手ぬぐい 立涌 蜜柑

立ちのぼる運気に出会って、ひたすら上へ、上へ。
幸せを呼ぶてんとうむしたちと一緒に、幸せな流れにのって、上へ。

てんとうむし新種発明協会の林・恵子さんがデザインしたてぬぐいです。「立涌」(たてわく、たちわく)の文様は、水蒸気が立ちのぼるようすをデザインしたもの。その上昇する流れから「発展」や「向上」をイメージさせ、私たちに元気なちからを与えてくれるような文様です。


江戸時代からの伝統を受け継いだ「注染(ちゅうせん)」という手法で染められています。

ハンカチ代わりや台ふきなどの実用品としてはもちろん、贈り物やご挨拶の品に、また粋な包みとしてお使いいただくなど、アイデアしだいで幅広く使えるてぬぐいのよさを、ぜひお試しください。

●デザイン…林・恵子
●素材…綿100%
●サイズ(約)…縦37×横90cm
●染め手法…注染

【ご注意】
使いはじめは色落ちがありますので、他のものとは分け、単独で洗っていただくことをおすすめします。
長時間水につけると、色がにじみでることがあります。
購入数
Soldout