手ぬぐい 手に届く山の幸

秋になれば、誰もが手にすることができる山の幸。
四季があるこの国では当たり前に感じてしまうことも、
本当は、自然が届けてくれる奇跡。

さまざまな生き物や植物たちによって作られた豊かな山で育った、幸せの実りです。この、美しく滋味にあふれた山の幸をたくさんいただき、人がもっと健康になることを願ってデザインされた柄です。

描かれた動物たちはそれぞれ、幸せのキーワードを象徴しています。
一角獣…浄化(聖なる角を泉にひたして動物たちの毒を清める山の長)
ねずみ…子孫繁栄
白鳥…伸びやかな成長
かえる…無事の帰還
獏…厄払い(悪夢を食べてくれる伝説の動物)
蜂…蓄えと豊穣
てんとうむし…幸せを運ぶ使者


江戸時代からの伝統を受け継いだ「注染(ちゅうせん)」という手法で染められています。

ハンカチ代わりや台ふきなどの実用品としてはもちろん、贈り物やご挨拶の品に、また粋な包みとしてお使いいただくなど、四季折々に幅広く使えるてぬぐいのよさを、ぜひお試しください。

●デザイン…中村幸代
●素材…綿100%
●サイズ(約)…縦37×横90cm
●染め手法…注染

【ご注意】
使いはじめは色落ちがありますので、他のものとは分け、単独で洗っていただくことをおすすめします。
長時間水につけると、色がにじみでることがあります。
購入数
Soldout